電子タバコには様々な種類がありますが、加熱式タバコと紙巻きタバコと比べて歯も含めた体への影響は実際どれほど違うのでしょうか?成分や費用についてどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?電子タバコを購入する場合の選び方も含めて見てみましょう。

そもそも電子タバコとは?

そもそも何をもって「電子タバコ」というのでしょうか?どのような成分が含まれていて、どのような種類や器具があるのでしょうか?他のタバコ、つまり加熱式タバコと紙巻きタバコと比較しながら使用方法や法律的な規制、続けた場合の費用等についてみてみましょう。

View more

電子タバコの定義とは?どんな種類がある?

電子タバコは吸入器を使って喫煙するのが定義で、種類は大きく分けて2つあります。タバコの葉を使わずに、液体を加熱して吸引するのがリキッドタイプです。日本国内ではニコチンの含まれていないリキッドがほと…

もっと見る

加熱式タバコの定義は?メーカーごとにかなり違うの?

タバコは一般的にタバコの葉を乾燥発酵などの加工を行って、火をつけてくすぶるように燃焼させながら、その燃焼ガスと煙を楽しむ嗜好品になります。近年では、受動喫煙や喫煙による様々な問題からタバコを吸う人…

もっと見る

紙巻きタバコの定義は?本当に費用的に高くつく?

紙巻きタバコは、タバコの葉を刻んで紙に巻いたタバコ製品の事を指します。パイプでの喫煙が主流だった19世紀半ばに起きたクリミア戦争中に、パイプ代わりにタバコの葉を紙で巻き喫煙をした事が紙巻きタバコの…

もっと見る

電子タバコは健康への影響ゼロ?

View more

電子タバコを吸うことで自分や周囲の人の体内に入るものは?体への影響は?

加熱式タバコは電子タバコと同じ効果がある?

紙巻タバコは電子タバコより具体的にどのようなリスクが高い?

紙巻タバコのリスクとは

近年ではタバコを吸うときに、電子タバコを選択するという人が増えています。これは紙巻タバコの価格が高くなっているというデメリットがあるだけではなく、様々なリスクがあることがわかっているためです。 紙巻タバコの具体的なリスクとしては、タールなどの有害物質が多く出るということが挙げられます。有害物質には発生しやすい温度というものがあり、500度以上の熱でタバコの葉を燃やしたときにタールという物質が多く発生します。タールは発がん性物質ですので、がんの発症率を高めます。 また、燃焼させて味や風味を楽しむものですが、当然火の危険性もあります。 その他、ニオイが臭い、副流煙が多く出てしまう、食事が美味しく感じられないなど様々なリスクが挙げられます。

電子タバコのメリット

そんな紙巻タバコのリスクを減らすことができるのが、電子タバコです。 電子タバコにもニコチンが含まれているため体に良いというわけではありませんが、リキッドを加熱して水蒸気を吸い込み風味などを楽しむものですのでニオイが残りにくいというのは大きなメリットです。 副流煙もほとんどないとされており、家族や職場の人に嫌がられる可能性も少なくなります。 また、灰が出てこないため運転中など灰皿の位置を気にしなくても良い、風が吹いていても吸うことができる、火を使わないため火傷や火事のリスクが少なくなるなどのメリットがあります。 その他、普通のタバコ味やメンソール以外にも、いろいろなフレーバーを楽しむことができるというのもオススメの理由です。

電子タバコは蒸気の風味を味わう

電子タバコは、さまざまな風味のついた液体(リキッド)を電力で気化させて、発生した蒸気を味わう嗜好品です。タバコ葉は使用しません。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.