加熱式タバコは電子タバコと同じ効果がある?

ニコチンの影響の違い

燃焼式のタバコは体に悪いからとその他の嗜好品の利用を検討する人もいるでしょう。新しい嗜好品として加熱式タバコと電子タバコがあり、どちらも燃焼式のタバコに比べると健康への影響が少ないとされています。加熱式タバコはタバコの葉を使っているのでニコチンが含まれていて、ニコチンによる健康への影響がそれなりにあります。一方電子タバコは日本製のリキッドであればニコチンが含まれておらず、ニコチンによる健康への影響はありません。ニコチンを摂取すると中毒症状が出るなど体に良くないケースがあり、健康を考えるのであれば加熱式タバコは控えた方が良さそうです。電子タバコであれば燃焼による有害物質もニコチンもないので健康への影響は少ないと言えるでしょう。

受動喫煙の影響が少ない

燃焼式のタバコは吸う人の健康被害の問題がありますが、それ以外に受動喫煙により吸う人の周辺の人への健康被害の問題もあります。加熱式タバコはタバコの葉を加熱し、それによって得られた水蒸気を吸って楽しむ嗜好品です。燃焼式のタバコのようにタバコの先端から煙は出ませんし、吸っている人が吐く息の中にも煙の成分は含まれません。吐く息の中にニコチンの成分が含まれるようですが、ごく微量なので大きな問題はないようです。電子タバコもリキッドを燃焼してその水蒸気を吸って楽しむので、燃焼による有害物質は出ません。こちらも吸っている人だけでなく周辺の人に対して健康への影響が少ない嗜好品と言えるでしょう。ただ臭いなどが気になる可能性は残ります。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.