電子タバコを吸うことで自分や周囲の人の体内に入るものは?体への影響は?

電子タバコと従来のタバコはどう違うの?

禁煙区域が広がったりタバコ税の増税など、日に日に喫煙者は肩身の狭い世の中になってきています。そういった影響もあってか、電子タバコに乗りかえるべきか迷っている喫煙者の方も多いと思います。そこで気になるのは、従来のタバコとどう違うのかですよね。

電子タバコは従来のタバコに比べ、圧倒的に体の中に入る有害物質が少なくなります。その理由というのが、タバコ葉の使い方の違いです。従来のタバコは、タバコ葉を燃やした煙を吸うことで発がん物質であるタールや、依存性をもつニコチンなどの有害物質を体の中に取り入れていました。電子タバコはタバコ葉を燃やすわけではなく、タバコ葉を加熱した蒸気を吸うものです。そのため、加熱式タバコとも呼ばれます。燃やさないのでタールの発生が少なく、ニコチンの吸引ができるようになりました。中には、ニコチンもタールも一切含まない種類の電子タバコも存在します。

健康被害と周りへの影響は?

健康被害については、発がん物質であるタールの摂取が少なくなるのが一番の利点と言えます。電子タバコの使用により、煙の発生が少なくなるのはもちろん、匂いやタバコの灰も従来のタバコに比べて圧倒的に少なくなります。吸い殻からは従来のタバコはまた違った電子タバコ特有の独特な香りが継続しますが、吸ったあとの空間に残る匂いは時間が経つにつれてほとんど感じられなくなっていきます。

しかしながら、全くの無害というわけではありません。少なくなったとはいえ有害物質は確かに含まれており、実際には見えない煙が発生しています。喫煙者から吐き出される息などからも、従来のタバコと変わらず受動喫煙は起こります。また、電子タバコが流通してからそれほど時間が経っていないため、明らかにされていないリスクが今後出てくる可能性は大いにあると言えるでしょう。喫煙者も非喫煙者も、お互いに過ごしやすい世の中を目指していきたいですね。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.