電子タバコの定義とは?どんな種類がある?

タバコの葉が使われていないリキッドタイプ

電子タバコは吸入器を使って喫煙するのが定義で、種類は大きく分けて2つあります。タバコの葉を使わずに、液体を加熱して吸引するのがリキッドタイプです。日本国内ではニコチンの含まれていないリキッドがほとんどで、手軽な使い捨てのカートリッジ式もあります。リキッド補充式はフレーバーの種類が多く、いろいろな味を楽しみたい人におすすめです。吸入器はバッテリー内蔵だけでなく、乾電池を入れ替えて使うタイプもあります。紙巻タバコのようなシガレット型や大きいタンク型など、形状にバリエーションがあるのも特徴です。リキッドを熱して蒸気を発生させる部分はアトマイザーと呼ばれており、使い方は機種によって若干違いがあります。

タバコの葉が使われている加熱式タイプ

加工されたタバコの葉を使って吸引する電子タバコが加熱式タイプです。リキッドタイプと違ってタバコ葉本来の味や香りを楽しめます。タバコ葉を直接燃やさないことで、紙巻きタバコと比べて有害成分が少ないのもメリットです。低温と高温の2種類があり、低温タイプは加熱したリキッドにタバコ葉を通して水蒸気を発生させます。高温タイプは、タバコ葉をヒーターで直接加熱することで煙を発生させているのが特徴です。吸入器の形状は低温タイプがシガレット型、高温タイプはタンク型となっています。加熱式タイプはニコチンが含まれているので、紙巻きタバコからの切り替えとしても最適です。それぞれの違いをチェックして、自分に合った電子タバコを選んでみて下さい。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.