加熱式タバコの定義は?メーカーごとにかなり違うの?

加熱式タバコの定義とは

タバコは一般的にタバコの葉を乾燥発酵などの加工を行って、火をつけてくすぶるように燃焼させながら、その燃焼ガスと煙を楽しむ嗜好品になります。
近年では、受動喫煙や喫煙による様々な問題からタバコを吸う人は減ってきています。その代わり多くなっているのが加熱式タバコの活用です。
従来のタバコとは異なり、タバコを燃焼させるのではなく加熱することによってニコチンを含んだ燃焼ガスなどを楽しむことができます。また、直接タバコ葉を加熱せずに液体状になったものを加熱して霧化させる製品もあります。
電子タバコは液体を加熱するのに対し、加熱式タバコはタバコ葉を使っているところが大きく異なっており、タバコ葉本来の味や香りを楽しめるのが特徴です。

メーカーによる違いとは

加熱式タバコと一言で言っても、メーカーによって特徴は異なります。加熱式たばこには高温加熱式と低温加熱式の2種類があり、これだけでも特徴は違います。高温の方が喫味が濃くなりニオイも強く、低温の方が喫味が弱くなりますがニオイが少なくなります。
また、メーカーによって温度が異なる以外にも特徴としてはフレーバーの違いも挙げられます。
一般的なタバコ味やメンソールなどのほか、メーカーによってはかフォモか味やトロピカル風味などフレーバーも楽しめるようになっています。
他にも、ニオイが最小限に抑えられているメーカーもあります。
加熱式タバコを利用する場合には、それぞれのメーカーの特徴を知ってから選ぶことがオススメです。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.