紙巻きタバコの定義は?本当に費用的に高くつく?

紙巻きタバコの定義とは?

紙巻きタバコは、タバコの葉を刻んで紙に巻いたタバコ製品の事を指します。パイプでの喫煙が主流だった19世紀半ばに起きたクリミア戦争中に、パイプ代わりにタバコの葉を紙で巻き喫煙をした事が紙巻きタバコの始まりと言われています。日本で販売されている紙巻きタバコの多くは吸口部分にフィルターが付いていますが、中にはフィルターがない両切りタイプの紙巻きタバコも存在します。さらに、フィルターの有無だけではなく、匂いを良くするためにメンソールやバニラ等の香料が含まれている事も珍しくありません。パイプや電子タバコとの違いとしてライター等の着火装置があれば、時間をかける事なくすぐに喫煙が出来るといった点が挙げられます。

紙巻きタバコでの喫煙にかかる費用とは?

紙巻きタバコは、電子タバコと比べると費用が高くつくというイメージを持っている方も多くいます。1日1箱(20本)紙巻きタバコを吸う場合は、1ヶ月に約1万5000円費用がかかります。一方、電子タバコは使用する種類によって毎月かかる費用が異なります。使い捨ての電子タバコは、定期的に買い換える必要がありかかる費用は紙巻きタバコとほとんど変わらないといった特徴があります。一方、カートリッジ式とリキッド式は最初に本体代が必要となりますが、本体さえ購入してしまえば、それぞれ1ヶ月にかかる費用はカートリッジ式が約8000円、リキッド式が約5000円と紙巻きタバコの3分の1程度まで費用を抑える事が可能です。初期費用の有無という違いはありますが、長い目で見ると紙巻きタバコの方が費用が高くつきます。

© Copyright Purchasing Electronic Cigarettes. All Rights Reserved.